身体障害者手帳

身体に障がいがある人に交付される手帳で、さまざまな福祉サービスを利用するために必要な手帳です。障がいの程度によって1級(最重度)から6級(軽度)までの等級があります。

(注)手続きに必要な様式は、下記の手続き先窓口に用意しています。

申請に必要なもの

1.新規の場合

・身体障害者手帳交付申請書

・指定医師の診断書・意見書

・写真(縦4センチ、横3センチ)

・マイナンバーの分かるもの(例:マイナンバーカード及び通知カード)

2.障がい程度変更、障がい名追加、再認定の場合

・身体障害者手帳再交付申請書

・指定医師の診断書・意見書

・写真(縦4センチ、横3センチ)

・身体障害者手帳

・マイナンバーの分かるもの(例:マイナンバーカード及び通知カード)

3.紛失、破損等の場合

・身体障害者手帳再交付申請書

・写真(縦4センチ、横3センチ)

・身体障害者手帳(紛失の場合を除く)

・マイナンバーの分かるもの(例:マイナンバーカード及び通知カード)

4.住所、氏名等の変更をした場合

・身体障害者居住地(氏名)変更届

・身体障害者手帳

・マイナンバーの分かるもの(例:マイナンバーカード及び通知カード)

5.返還する場合

・身体障害者手帳返還届

・身体障害者手帳

手帳の交付を受けた方へ

・住所、氏名が変わったとき、または他市町村から転入したときは届け出てください。(上記4:住所、氏名等の変更をした場合参照)

・手帳を紛失、破損したときは、再交付の申請をしてください。(上記3:紛失、破損等の場合参照)

・障がいの程度が変わったとき、再認定の時期になったときは再交付の申請をしてください。(上記2:障がい程度変更、障がい名追加、再認定の場合参照)

・障がいが治癒したとき、更新(再認定)を希望しないとき、死亡したときは返還届が必要です。(上記5:返還する場合参照)

手続き先 

健康福祉課福祉支援係(窓口⑥番)