ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの積極的な勧奨の差し控えにより公費での接種機会を逃した方に対しては、公平な接種機会を確保する観点から、令和7年3月31日までの間、再度接種の機会が設けられることになりました(以下、キャッチアップ接種)。

ワクチンの有効性やリスク等を十分にご理解いただいたうえで、接種を希望される場合は、実施医療機関で接種を受けてください。

 

(1)   対象者

次の①~③のすべてに当てはまる者

①     平成9年4月2日生まれから平成18年4月1日生まれまでの女性

②     HPVワクチンの規定接種回数(3回)を終えていない未接種者・接種中断者

③     接種時に岩手町に住民登録がある方

(2)   接種期間

令和7年3月31日まで

(3)   ワクチンの種類

定期接種として認められているワクチンは、サーバリックス(2価)とガーダシル(4価)の2種類があり、原則同じ種類のワクチンを接種します。接種を中断されている方も原則1回目と同じ種類のワクチンを接種します。

(4)   接種回数

HPVワクチンを規定接種回数の不足回数(未接種の方は3回)

※接種歴のある方には不足分の予診票を配布しています。

(5)   接種費用

無料

(6)   実施医療機関

①     町内の医療機関

・沼宮内地域診療センター 62-2511

※「外科」での接種となるため、診療日程を確認してください。

・塚谷医院 62-1155

②     町外(岩手県内)の医療機関

岩手県広域的予防接種協力医療機関で接種できます。

なお、町外で予防接種を希望する場合、町が発行する「岩手県広域接種パスポート」が必要です。

「岩手県広域接種パスポート」をお持ちでない方は、岩手県広域的予防接種申請書に必要事項を記入し、健康福祉課⑤番窓口へ申請ください。

③     岩手県外の医療機関

希望される医療機関で接種が可能ですが、一度自費で接種料金をお支払いいただきます。

必要書類を役場に提出いただいた後、接種料金を返還しますので、一度お問合せください。

(7)   持ち物

母子健康手帳、本人確認書類、予診票

岩手県広域接種パスポート(町外医療機関で接種の方)

(8)   その他

原則同じ種類のワクチンを接種します。

接種歴については母子手帳をご確認のうえ、残りの回数を接種しましょう。