国民健康保険データヘルス計画

 近年、特定健康診査の実施や診療報酬明細書の電子化、国保データベースシステムの構築等により、保険者が健康や医療に関する情報を活用して被保険者の健康課題の分析、保健事業の評価等を行うための基盤整備が進んできました。国では、国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針の一部を平成26年4月1日に改正し、保険者は健康・医療情報を活用し、効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るための実施計画「データヘルス計画」を策定した上で、保健事業の実施及び評価を行うこととなりました。

 このような背景を踏まえ、診療報酬明細書や統計資料等を活用及び分析しながらその傾向を把握し、疾病予防から重症化予防までを見据えた全体の対象者向けの保健事業や、個々に対象を絞った保健事業を進めていくこととし、その保健事業を効果的かつ効率的に実施するため計画を策定するものです。町では「めぐみの大地 笑顔が結ぶ ひと輝く 健康福祉のいわてまち」のスローガンのもと、本計画に基づき保健事業を実施し、国民健康保険加入者のさらなる健康増進と医療費適正化に努めていきます。

ダウンロード

 第2期データヘルス計画・第3期特定健診等実施計画(pdf:616KB)

中間評価

 目標達成のために、事業計画の中間年(令和2年度)に進捗状況を確認し、計画期間の後半に向けて目標達成に向けての方向性を検討しました。
 データヘルス計画に位置づけている保健事業の目標と令和元年度までの実績を比較して、事業が計画どおりに実施できたかを確認しています。順調に実施できていない事業は、次年度以降の取組方法を改善します。

第2期データヘルス計画中間評価報告書(pdf:263KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。(別ウィンドウが開きます。)