岩手町新型コロナウイルス感染症対策本部会議決定事項

 

新型コロナウィルス感染症に関する緊急事態措置解除後の町の対応方針について

 

 5月14日、国では39県の緊急事態措置解除を発表しました。
 本県もこれまで感染者が発生していないことから緊急事態措置が解除となりましたが、新型コロナウィルス感染症は、いつ、どこで、どなたが発症してもおかしくない状況であることには変わりがありません。
 国から「新しい生活様式」の実践例が示されましたが、町民の皆さま、岩手町を訪れてくださる皆さまに、私からも引き続き次のことをお願いいたします。

  • 不要不急の旅行など、感染リスクの高い県への移動は避けること
  • 県外から来町、帰町される方には、2週間は慎重な行動をとること
  • お互いが3密(密接、密室、密集)を避けること
  • マスクの着用や他者との一定の距離を保つこと
  • 手洗いを励行し、咳エチケットを心掛け、室内の換気をすること
  • 冷静で合理的な対応をし、感謝と思いやりの気持ちを大切にすること

 これからは新型コロナウィルスの感染拡大防止と私たちの経済活動の維持、発展を一緒に考え実行していかなければなりません。
 緊急事態措置は解除されましたが、町関連の施設の利用・営業を一部で引き続き制限を続けております。また、様々な会議や行事もこれまでと同様にやり方を変更したり、中止、延期の決定をしております。感染拡大防止の対策ですので、どうぞご理解とご協力のほどをお願いいたします。今後の状況を見据えながら、平穏な日常に戻れるよう対応してまいります。
 私たち一人一人の自覚が大切です。冷静で合理的な考え方を持ち、知恵を出し合い、お互いを励まし合いながら頑張りましょう。

 

令和2年5月19日

岩手町新型コロナウィルス感染症対策本部長
岩手町長  佐々木 光司