• 春は空気が乾燥して火災の起こりやすい季節です。近年の山火事の大半が3月~5月に起こっており、 その原因の多くがたき火、たばこの火、火入れなどです。  
  • 春は山菜のシーズンでもあり山に入る機会も多くなりますので、たばこの火の始末はもちろんのこと、山の近くでのたき火、火入れについて厳重な注意をして下さい。

山火事防止のために

  1. 枯草等のある場所ではたき火をしない。
  2. 強風のとき・空気が乾燥しているときはたき火をしない。
  3. たき火から離れるときは、完全に火を消してから離れる。
  4. たばこの吸殻は森林内に捨てない。
  5. 車からタバコを投げ捨てない。

以上のことに注意して、貴重な財産である森林を守りましょう。なお、火入れには許可が必要ですので事前にご相談ください。