対象者

  • 原則として65歳以上で、下記の経済的要件と環境等の要件を満たす人

経済的要件

  • 老人のいる世帯が生活保護を受けているとき。
  • その世帯の生計中心者が市町村民税を課税されていないか、均等割のみ課税されているとき。
  • 災害のため、またはに相当すると認められる場合。

環境などの要件

  • 心身上の障がいのため、日常生活を送ることが困難であり、世話をしてくれる人がいないとき。
  • 家族などとの折り合いが悪く、同居が困難なとき。
  • 住むところがなかったり、住まいがあっても極めて環境が悪いとき。

養護の内容

生活指導、機能訓練、健康管理、各種レクリエーションなど

利用料

老人ホームは、全額公費でまかなわれますが、その一部として、本人分(年金等の収入金額等による)及び扶養義務者分(配偶者または子の課税状況による)の負担が生じる場合があります。

申請手続きに必要なもの

  1. 老人ホーム入所申出書  
  2. 診断書  
  3. 同意書(本人の同意を確認)  
  4. 身元引受書(家族等の話し合いによる)  
  5. 収入申告書(本人の年金等収入)、
  6. 年金証書、年金額のわかる通帳等  
  7. 住民票謄本(世帯全員)  
  8. 戸籍謄本等(扶養義務者のわかるもの)

判定

申出受理後、面接調査により本人の心身の状況、家族の状況等実態を調査し、入所判定委員会で検討されてから決定となります。

ただし、老人ホームには定員があり、通常どこも定員を満たした状態ですので、欠員が生じるまで待機(順番待ち)になります。