予防接種に行く前のチェック

一般的注意

予防接種は体調の良いときに受けるのが原則です。日ごろから保護者の方はお子さんの体質、体調などの健康状態によく気を配ってください。そして気にかかることがあれば、あらかじめかかりつけ医や保健所、健康福祉課健康推進係に相談してください。

安全に予防接種を受けられるよう、保護者の方は、以下のことに注意の上、当日に予防接種を受けるかどうか判断してください。

  1. 当日は、朝からお子さんの状態をよく観察し、普段と変わったところのないことを確認するようにしましょう。
    予防接種を受ける予定であっても、体調が悪いと思ったら、かかりつけ医に相談の上、接種をするかどうか判断するようにしましょう。
  2. 受ける予定の予防接種について、町からの通知やパンフレットをよく読んで、必要性や副反応についてよく理解しましょう。わからないことは、接種を受ける前に接種医に質問しましょう。
  3. 母子健康手帳は必ず持っていきましょう。
  4. 予診票は、接種する医師への大切な情報です。責任を持って記入するようにしましょう。
  5. 予防接種を受けるお子さんの日頃の健康状態をよく知っている保護者の方が連れて行きましょう。

予防接種の効果や副反応などについて理解した上で、接種に同意したときに限り、接種が行われます。

予防接種を受けることができない場合

  1. 明らかに発熱(通常37.5度以上をいいます。)をしているお子さん。
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなお子さん。
    急性で重症な病気で薬を飲む必要のあるお子さんは、その後の病気の変化もわからないことから、その日は接種を受けないのが原則です。
  3. その日に受ける予防接種の予防液に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかなお子さん。
    「アナフィラキシー」というのは、通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。汗がたくさん出る、顔が急にはれる、全身にひどいじんましんが出るほか、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続きショック状態になるような、はげしい全身反応のことです。
  4. ポリオ、麻しん(はしか)、風しんの予防接種の対象者で妊娠していることが明らかな人。
    お子さんには直接関係ない規則ですが、任意で受ける人のことも考慮したものです。
  5. BCG接種の場合においては、外傷などによるケロイドが認められるお子さん。
  6. その他、医師が不適切な状態と判断した場合。
    上の、1から5に当てはまらなくても医師が接種不適当と判断した場合は、予防接種を受けることはできません。

予防接種を受ける際に注意を要する場合

以下に該当するお子さんがいると思われる保護者は、かかりつけ医がいる場合には必ず前もってお子さんを診てもらい、予防接種を受けてよいかどうかを判断してもらいましょう。

受ける場合には、その医師のところで接種を受けるか、あるいは診断書又は意見書をもらってから予防接種を受けるようにしてください。

  1. 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発育障害などで治療を受けているお子さん。
  2. 予防接種で、接種後2日以内に発熱のみられたお子さん及び、発疹、じんましんなどアレルギーと思われる症状がみられたお子さん。
  3. 過去にけいれん(ひきつけ)を起こしたことのあるお子さん。
    けいれん(ひきつけ)の起こった年齢、そのとき熱があったか、熱がなかったか、その後起こっているか、受けるワクチンの種類などで条件が異なります。必ずかかりつけ医と事前に相談しましょう。
  4. 過去に免疫不全の診断がなされているお子さん及び近親者に先天性免疫不全症の者がいるお子さん。(たとえば、赤ちゃんの頃、肛門のまわりにおできを繰り返すようなことがあった方の場合)
  5. ワクチンには製造過程における培養に使う卵の成分、抗生物質、安定剤などが入っているものがあるので、これらにアレルギーがあるといわれたことのあるお子さん。
  6. BCG接種の場合においては、家族に結核患者がいて長期に接触があった場合など、過去に結核に感染している疑いのあるお子さん。

予防接種を受けた後の一般的注意事項

  1. 予防接種を受けたあと30分間程度は、医療機関(施設)でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるようにしておきましょう。
    急な副反応が、この間に起こることがまれにあります。
  2. 接種後、生ワクチンでは4週間、不活性ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
  3. 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位をこすることはやめましょう。
  4. 当日は、はげしい運動は避けましょう。
  5. 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診断を受けましょう。

1か月以内に次のような病気にかかった人は注意しましょう。

下記のような病気にかかり、病気後の回復が不十分な場合、予防接種を受けても免疫がつきにくくなる可能性があります。また、このような病気にかかっている人と接触した場合、潜伏期間(感染してから、症状が出るまでの期間)は、他児・他者に感染させる恐れがありますので、念のため予防接種を控えましょう。

病気名病気が治ってから
接種までにあける間隔
潜伏期間
麻しん(はしか)約4週間約2週間
風しん約4週間約2から3週間
ムンプス(おたふくかぜ)

約4週間

約2から3週間
水痘(水ぼうそう)約4週間約2から3週間
突発性発疹約2週間約1週間
手足口病約2週間約1週間
ヘルパンギーナ約2週間約1週間
りんご病約2週間約1から2週間
ウイルス性発疹症約2週間—-
溶蓮菌感染症約週間約1週間
とびひ約1から2週間約5日間

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活性ワクチンがあり、異なった種類のワクチンを接種する場合に間隔を守ることが必要です。

異なった種類のワクチンを特に急いで接種する必要がある場合には、医師に相談してください。

なお、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には、それぞれ定められた間隔があるので、間違えないようにして下さい。

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔1

(生ワクチンを接種した日の翌日から起算して、別の種類の予防接種を行う日までの間隔は、27日以上おく)

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔1

(不活性)ワクチンを接種した日の翌日から起算して、別の種類の予防接種を行う日までの間隔は、6日以上おく)