いわてまちが森林セラピー基地に認定されました

森林セラピーとは

森林セラピーとは、木々や土の香り、風に揺れる木々の音、森に息づく生命や力を感じる場所として、昔から親しまれてきた空間が持つ癒し効果が、科学的に検証された「森林浴効果」のことです。

岩手町では、平成26~27年に森林総合研究所・千葉大学のご協力をいただき、「森林浴効果」が実証されました。

森林セラピー基地・森林セラピーロードとは

森林セラピー基地・森林セラピーロードとは、科学的な検証を基に、NPO法人森林セラピーソサエティから認定されたエリアや散策路のことです。癒しの効果、病気の予防効果が科学的に認められたお墨付きの場所となります。

岩手町では

岩手町森林セラピー基地は、北緯40度線上に位置し、全国第5位の長さを誇る北上川(全長249km)の源泉「弓弭(ゆはず)の泉」がある岩手町全域をエリアとしています。
 岩手町総合運動公園内の岩手町スポーツ文化センター「森のアリーナ」の周辺は、御堂松やミズナラが植生する豊かな自然が残り、岩手町森林セラピー基地の中心となる「ゆうゆうの森」があります。「石神の丘」にあるコースは日本初の芸術文化と森林セラピーが融合する「五感アートの森」です。
 野外彫刻美術館である町立石神の丘美術館の園内にある彫刻等の鑑賞と自然林内の散策により、他にはないセラピー効果が期待できます。

詳細はこちらをご覧ください。

いわてまちが森林セラピー基地に認定されました。(PDF形式:約600KB)