風しんが今も流行しています。

 風しんは、発熱及び発疹を主な症状とし、飛沫(ひまつ)感染により人から人へ感染する感染力の強い病気です。

  風しんは、成人がかかると症状が重くなることがあります。また、妊娠初期の妊婦さんが感染すると、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがあります。(先天性風しん症候群)

 風しんの予防には、風しんに免疫のない人(抗体価が低い人)が予防接種を受け、風しんに対する免疫を獲得することが有効です。

  昭和37年度~昭和53年度生まれの男性の皆様に、岩手町から、原則無料で風しんの抗体検査と予防接種を受けていただけるクーポン券をお送りしています。

  そこで、これまで公的に予防接種を受ける機会がなく、風しんの抗体価が低いといわれる世代を対象に、風しんの抗体検査及び風しん定期予防接種を無料で実施することとなりました。

 今年度のクーポン券の郵送者は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの人です。

  この年代の男性の皆様がこれから抗体検査を受け、必要な予防接種を受けると、免疫を持っている人が増え、風しんの流行はなくなるといわれています。

  あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために、ぜひクーポン券を使って風しん抗体検査と予防接種をお受けください。

なお、昭和37(1962)年4月2日から昭和47(1972)年4月1日生まれの人で検査を希望する方は、健康福祉課へご連絡ください。

 

風しん抗体検査について

(1)対象者

岩手町に住民票があり昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性。

次の①から③のいずれかに該当の方は、抗体検査の必要がないとされていますが、希望者は検査ができます。

①過去に風しんに罹患した記録がある

②過去に風しんの予防接種を受けた記録がある方

③平成26年4月1日以降に風しん抗体検査を受けた記録がある方

(2)回数・費用

1回 無料

(3)有効期限

クーポン券の有効期限は2020年3月31日です。

期限後に検査を希望する場合は、担当課にお問い合わせください。

(4)実施機関

全国の風しん抗体検査を受託している医療機関・検診機関に事前にお問い合わせのうえ、検査を受けてください。

職場の事業所健診と同時に受診することができますので、健診担当者にご確認ください。

※参考までに岩手町の医療機関を下記に掲載します。

(5)持ち物《全て持参しないと検査できません》

①今回ご案内した通知一式(クーポン券)

②健康保険証等、住所や生年月日が確認できるもの

※なお、抗体検査受診票は医療機関窓口でお渡しします。

風しん定期予防接種について
(抗体検査の結果、十分な量の抗体が無いと判明した方)

(1)対象者

1で受けた風しん抗体検査(平成26年4月1日以降に受けた風しん抗体検査を含む)の結果、風しんの抗体が十分でないと判明した方(風しん抗体検査結果記録が必要です)

(2)回数・費用

1回 無料

(3)有効期限

クーポン券の有効期限は2020年3月31日です。

期限後に接種を希望する場合は、担当課へお問い合わせください。

(4)実施機関

全国の予防接種を受託している医療機関に事前にお問い合わせのうえ接種を受けてください。

※参考までに岩手町の医療機関を下記に掲載します。

(5)持ち物《全てを持参しないと予防接種はできません》

①今回ご案内した通知一式(クーポン券)

②健康保険証等、住所や生年月日が確認できるもの

③風しん抗体検査結果記録 ※なお、予防接種予診票は医療機関窓口でお渡しします。

 

 

《岩手町内受託医療機関》

令和元年7月1日現在の状況です。

事前にお問い合わせのうえ検査・予防接種を受けてください。

医療機関

住所

電話番号

抗体
検査

予防
接種

塚谷医院

岩手町江刈内10-45-1

0195-62-1155

さわやかクリニック

岩手町江刈内10-47-2

0195-62-2043

岩手沼宮内クリニック

岩手町子抱5-6-8

0195-61-2025

北上脳神経外科クリニック

岩手町五日市11-79-65

0195-61-3636

岩手県立中央病院附属沼宮内地域診療センター

岩手町五日市10-4-7

0195-62-2511