国民健康保険税

病気になったりケガをしたときにお金の心配のためにお医者さんにかかれなかったら・・・。そのようなことのないように、日頃から収入に応じてお金を出し合い、医療費に充てる助け合いの制度、それが国民健康保険です。

国保は町が保険者となって運営し、みなさんが納める保険税と国などからの補助金で地域の保険医療を支えています。

国民健康保険税の納税義務者

国民健康保険は世帯主に課税されます。(加入者一人ひとりに課税されるものではありません。)

世帯主が国民健康保険の加入者でない場合(他の健康保険に加入している場合)でも、その世帯内に国民健康保険の加入者がいる場合には、その世帯主が納税義務を負うことになります。このような世帯主を「擬制世帯主」といいます。擬制世帯主分の国民健康保険税はかかりません。

みなさんの納める国民健康保険税は次のようにして決められています

詳しくはこちらをご覧ください。

国民健康保険税の賦課について(PDFファイル:約153KB)

納付方法と納期

国民健康保険税の納付方法は、納税通知書(納付書)または口座振替のどちらかの方法で納付いただけます。ただし、新たに平成22年4月から特別徴収の対象となる人については、原則として受給されている年金から天引きによる納付方法(特別徴収)となります。

特別徴収による納付方法の対象となる人

世帯内の国民健康保険の加入者全員が65歳以上75歳未満の世帯の世帯主(擬制世帯を除く)で、受給されている年金額18万円以上の人が対象となります。

ただし、介護保険料(65歳以上)と国民健康保険税の合計額が年金受給額の2分の1を超える場合は、従来の納税通知書(納付書)または口座振替による納付方法となります。

国民健康保険税の納期

国民健康保険税の納期
普通徴収
(納付書または口座振替)
  • 1期 7月
  • 2期 8月
  • 3期 9月
  • 4期 10月
  • 5期 11月
  • 6期 12月
  • 7期 1月
  • 8期 2月
特別徴収
(年金天引き)
  • 1期 4月
  • 2期 6月
  • 3期 8月
  • 4期 10月
  • 5期 12月
  • 6期 2月

ご注意ください!届出が遅れたときの保険税

例) 8月に会社の健康保険を脱退し、10月に国保に加入の届出をした場合

  10月から保険税を資格のできた8月までさかのぼって納めることになります。

例) 8月に会社の健康保険に加入し、10月に国保に脱退の届出をした場合

  保険の二重加入、保険税も二重に納めてしまう場合もあります。

ご注意ください

会社の健康保険に加入するとき、また脱退するとき、子どもが生まれたときなど、家族変更があるときには必ず届出をしてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。(別ウィンドウが開きます。)