岩手町健康づくりスローガン
 ‐ふやそう元気 へらそう病気 支えよういのち 健康は元気と病気のバランス加減‐

2019年度各種検診(健康診査・がん検診)が4月5日からはじまります。ご家族・ご近所お誘い合わせのうえ積極的に受診されますようお知らせします。
なお、各種検診の受診予定調査において、検診の申し込みをされていない方も、この機会に受診されることをおすすめします。

PDFファイルは、別ウィンドウが開きます。)

2019年度各種検診のお知らせ(PDFファイル:約980KB)

健診日程表

お住まいの地域により、検診を受ける日が異なります。詳しい検診日程は、下記表をご覧下さい。

2019年度各種検診日程表(PDFファイル:約140KB)

各健康診査について

特定健康診査

  • 期間:4月5日から4月22日→イベントカレンダーへ
  • 対象者:
    1.40歳から74歳の岩手町国民健康保険加入者
    2.後期高齢医療加入者(75歳以上)
    3.社会保険等の加入者家族(40歳以上)(「健康保険証」と「特定健康診査受診券」が必要です)
    4.40歳以上の生活保護の方(希望者)

    ※職場受診、人間ドック受診者は除く
  • 自己負担額:無料
  • 実施主体:医療保険者
持ち物 検査内容
  • 受診券(問診票)
  • 健康保険証
  • 問診
  • 身体計測
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 心電図検査等

前立腺がん検診

  • 期間:4月5日から4月22日→イベントカレンダーへ
  • 対象者:40歳以上の男性
  • 自己負担額:無料
  • 実施主体:岩手町
  • 発見者が年々増加。ぜひ受診を!
持ち物 検査内容
  • 受検票
  • 問診
  • 血液検査

肝炎ウイルス検査

  • 期間:4月5日から4月22日→イベントカレンダーへ
  • 対象者:40歳~74歳で過去に肝炎ウイルス検査を受診したことのない人
  • 自己負担額:無料
  • 実施主体:岩手町
持ち物 検査内容
  • 受検票
  • 問診
  • 血液検査

生活習慣病予防健診

持ち物 検査内容
  • 受診券
  • 問診
  • 身体計測
  • 血液検査
  • 尿検査
  • 心電図検査等

乳がん検診

  • 期間:4月5日から4月22日→イベントカレンダーへ
  • 対象者:40歳以上の女性で平成30年度受診していない方(2年に1回)
  • 自己負担額:無料
  • 実施主体:岩手町
  • 発見者が年々増加傾向!ぜひ受診を!
持ち物 検査内容
  • 受検票
  • 問診
  • マンモグラフィ検査

胃がん検診

  • 期間:6月14日から6月30日→イベントカレンダーへ
  • 対象者:40歳以上の人
  • 自己負担額:無料
  • 実施主体:岩手町
  • 発見者が年々増加傾向!ぜひ受診を!
持ち物 検査内容
  • 受検票
  • 問診
  • バリウムによる胃エックス線検査

肺がん・結核検診

  • 期間:6月14日から6月30日→イベントカレンダーへ
  • 対象者:40歳以上の人
  • 自己負担額:無料
  • 実施主体:岩手町
  • 発見者が年々増加傾向!ぜひ受診を!
持ち物 検査内容
  • 受検票
  • 問診
  • 胸部エックス線検査

大腸がん検診

  • 期間:5月から9月に5期実施→イベントカレンダーへ
  • 対象者:40歳以上の人
  • 自己負担額:無料
  • 実施主体:岩手町
  • 発見者が年々増加傾向!ぜひ受診を!
保健推進員回収 検査内容
  • 受検票
  • 採便(保健推進員回収)
  • 問診
  • 採便

子宮がん検診

  • 期間:6月3日から6月29日→イベントカレンダーへ
  • 対象者:20歳以上の女性で平成30年度受診していない女性(2年に1回の検診)
  • 自己負担額:無料
  • 実施主体:岩手町
  • 発見者が年々増加傾向!ぜひ受診を!
持ち物 検査内容
  • 受検票
  • 問診
  • 細胞診
  • 卵巣腫瘍検査
  • 医師の診察

注意事項

  • 特定健康診査は、医療保険者が実施することになっています。社会保険等の加入者家族は、健康保険証の発行元(事業所等)に確認していただき、「特定健康診査受診券」の交付を受けてください。

  • 健康診断受診票及び受検票は、保健推進員経由で配付になります。

  • 検(健)診を受ける際は、健康診断受診票または受検票の注意事項を確認してください。

~がん検診を受けましょう~

岩手県では昭和59年から「がん」が死亡原因の第1位です。年間約4千人が亡くなり、全死亡者数の3人に1人ががんで亡くなっています。

  • 「検診を受けること」が早期発見の唯一の手段です。
    初期の段階では自覚症状はほとんどありません。がんは早く見つけて治療すれば命は助かります。
  • がんの死亡者を分析すると、検診を受けていない人が多く見られます。
    ここ数年検診を受けていない人は、ぜひ受診しましょう。
  • 子宮がんは他のがんに比べ、若い年代で発症する割合が高いです。
    20代、30代の皆さんもぜひ受けるよう心がけましょう。

岩手町人間ドック補助金について

町では、農業協働組合の実施する人間ドックのほか、個人単独で医療機関にて人間ドックを受診する場合にも補助することとしました。
  補助交付の条件などの詳細については、健康福祉課までお問い合わせください。

お問い合わせ

 岩手町役場

  • 医療保険・後期高齢者担当:町民課・国保年金係 電話:0195-62-2111 内線:502
  • 健康診査・各種検診担当:健康福祉課・健康推進係 電話:0195-62-2111 内線:516
  • Adobe ReaderのダウンロードページへPDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。(別ウィンドウが開きます。)