インフルエンザワクチン接種事業を下記により実施しますので、ぜひ受けられ感染及び重症化の予防に努めましょう。助成の対象となる方は、以下のとおりですので、ご覧になり接種及び手続き等を行ってください。

なお、助成対象以外の人は、全額自己負担での接種となりますのでご了承ください。

助成実施期間

  • 平成28年10月中旬から平成29年1月31日

助成対象者

  • 満1歳から中学3年生で予防接種を希望する人
  • 満65歳以上で予防接種を希望する人
  • 満60~64歳で
    • 心臓、呼吸器、腎臓に重い障害(身体障害者手帳1級程度)がある人
    • ヒト免疫不全ウイルスにより重度の免疫低下をきたしている人

助成回数及び金額

※接種料金の差額分は自己負担となります。なお、接種料金については医療機関にご確認ください。

小児

  1. 年齢区分:満1歳から13歳未満の人
    • 接種回数:2回
    • 助成回数:2回
    • 助成金:1回あたり1,800円
  2. 年齢区分:満13歳から中学3年生の人
    • 接種回数:1回
    • 助成回数:1回
    • 助成金:1回あたり1,800円

高齢者

  1. 年齢区分:満65歳以上の人
    • 接種回数:1回
    • 助成回数:1回
    • 助成金:1回あたり2,300円
  2. 年齢区分:満60から64歳の疾病のある人
    • 接種回数:1回
    • 助成回数:1回
    • 助成金:1回あたり2,300円

予防接種を実施する医療機関

自己負担で接種をされる場合は、医療機関の指定はありません。ただし、助成対象として接種する場合には、次のことにご注意ください。

  • 上記医療機関以外のかかりつけ医などで予防接種を受けたい場合は、医療機関との契約が必要となりますので、接種する前に必ず役場健康福祉課までご連絡ください。
町内で予防接種を接種する場合の医療機関
医療機関名
電話
番号
実施対象
備考
アクセス
マップへ
沼宮内地域診療センター
62-2511
高齢者・小児

小児は第2・第4金曜日のみ

マップ
佐々木医院
62-2234
高齢者・小児
 午前のみマップ
佐渡医院
62-3211
高齢者・小児
マップ
北上脳神経外科クリニック
61-3636
高齢者・小児
マップ
塚谷医院
62-1155
高齢者・小児
予約不要マップ
さわやかクリニック
62-2043
高齢者・小児
予約不要マップ
岩手沼宮内クリニック
61-2025
高齢者・小児
小児は13歳以上から中学3年生の人マップ
和田医院
65-2321
高齢者・小児

水曜日のみ

午前8時30分から午後1時30分

小児は13歳以上から中学3年生の人

マップ

佐藤整形外科クリニック

68-7240
高齢者・小児

予約不要

小児は13歳以上から中学3年生の人

マップ

申請手続きが必要な場合について

平成28年10月1日時点の年齢で通知書を作成しています。これ以降に助成対象年齢に該当する方、または障がい者手帳をお持ちの人で、接種を希望される場合は通知書を発行しますので、健康福祉課までご連絡ください。

 

インフルエンザ予防接種を受けるにあたって

※予防接種を受ける数日前に、医療機関に電話予約をし、予診票は必ず記入してから受診してください。
※下記及び予診票をよく読み、理解したうえで受けましょう。

予防接種を受ける前の注意事項

1.今日の体調はいかがですか?
  • 37.5℃以上の熱がある場合、予防接種はできません。体調のよい時に接種しましょう。
  • 予防接種を受ける際は、希望日の数日前に医療機関に予約の電話をしましょう。
2.予診票(接種券)は記入しましたか?
  • 予診票は必ず記入してから医療機関にお持ちください。(自筆できない場合、家族の代筆でも構いません。)
  • 高齢で予防接種を受ける本人の意思確認ができない場合は、町から送付した予診票を使用しての接種はできません。
  • 鶏肉や卵に対するアレルギーがある人、以前に予防接種を受けた後、具合が悪くなったことがある人は、予診票に記載し、診察の際に医師にお話しください。

予防接種を受けた後の一般的注意事項

  1. 予防接種を受けた後、急な副反応が現れることがありますので、接種後はすぐに帰らず30分くらいは医療機関で様子を見ましょう。
  2. 接種当日は激しい運動や、飲酒などは控えましょう。
  3. 接種当日に入浴しても構いませんが、注射したところを強くこすらないようにしましょう。
  4. 注射をした後で具合が悪くなった場合や、次のような症状が出た場合は早めに医師の診察を受けてください。(接種した部位が痛みや熱をもってひどく腫れた、全身のじんましん、嘔吐を繰り返す、顔色が悪い、低血圧、高熱など)

予防接種後の健康被害救済制度について

予防接種を受けたことにより、疾病、傷害、死亡等の健康被害が生じた場合には、「予防接種健康被害救済制度」または「医薬品副作用被害救済制度」により医療費や障害年金などの支給が行われます。ただし、給付は予防接種と疾病、障害等の因果関係があると厚生労働大臣が認めた場合に限ります。

詳しくは、「予防接種による健康被害救済制度について」ページをご覧ください。