岩手県は脳卒中死亡率が全国ワースト1と高く、その要因は多岐にわたるものの、血圧のコントロールが最も重要であり、その中でも「減塩」は自助努力で改善が見込まれる有効な方法です。そこで、広く町民に塩分測定の実施を呼びかけ、その後減塩指導を実施することで、町民の更なる意識向上を図ることを目的にします。

【期間】令和元年7月1日から10月31日まで

減塩チャレンジ事業(PDF:409KB)