国体とは?

国体とは、国民体育大会の略称で、都道府県持ち回りで毎年開催される国内最大の国民スポーツの祭典です。

広く国民の間にスポーツを普及し、スポーツ精神を高揚して国民の健康増進と体力の向上を図り、併せて地方スポーツの振興と地方文化の発展に寄与するとともに、国民生活を明るく豊かにしようとすることを目的としています。

国体は本大会と冬季大会に分かれており、それぞれ都道府県対抗で実施されます。
男女総合成績第1位の都道府県には天皇杯が、女子総合成績第1位の都道府県には皇后杯がそれぞれ授与されます。

競技については「正式競技」の他、「公開競技」、「デモンストレーションスポーツ」があります。
それぞれの競技種目については、希望郷いわて国体・希望郷いわて大会実行委員会の「希望郷いわて国体について」ページ をご覧ください。

希望郷いわて国体について

2016年10月1日(土)から11日(火)にかけて、第71回目となる国民体育大会が岩手県で開催されます。
岩手県での開催は、1970年(昭和45年)に開催された第25回大会以来、46年ぶり、2回目の開催です。

この第71回国民体育大会を「東日本大震災津波災害からの復興のシンボルとなるような大会」、「岩手の魅力を全国へ発信する大会」とするため、県民総参加の機運を盛り上げる「大会愛称」と「スローガン」が募集され、次のように決まりました。

《愛称》

希望郷いわて国体愛称の画像

愛称:『希望郷いわて国体』

《スローガン》

希望郷いわて国体スローガンの画像

スローガン:『広げよう 感動。伝えよう 感謝。』

また、マスコットキャラクターは『わんこきょうだい』が努めることになりました。

希望郷いわて国体マスコットキャラクターの画像

マスコットキャラクター:『わんこきょうだい』

岩手町では?

岩手町は、正式競技であるゴルフ競技(成年男子)、ホッケー競技(全種別)と、またデモンストレーションスポーツである少年少女ホッケーの会場地です。

正式競技の日程など、詳細については次のページをご覧ください。

 ・ゴルフ競技(成年男子)
 ・ホッケー競技(全種別)

ゴルフ競技のマスコットキャラクター

ゴルフ競技のマスコットキャラクター

ホッケー競技のマスコットキャラクター

ホッケー競技のマスコットキャラクター

 

 

1970年(昭和45年)に岩手県で開催された第25回大会でも、岩手町がホッケー競技の会場地でした。
今ではホッケーが町技として普及している岩手町ですが、きっかけは、この第25回大会でホッケー競技の会場地となったことでした。

1970年(昭和45年)開催の第25回大会における岩手町でのホッケー競技開会式の様子

第25回大会における岩手町でのホッケー競技大会開会式の様子

1970年(昭和45年)開催の第25回大会。ホッケー競技会場に向かう町民の様子。

ホッケー競技会場に向かう町民の様子。

1970年(昭和45年)開催の第25回大会。天皇皇后陛下を沿道で歓迎する町民の様子。

天皇皇后陛下を沿道で歓迎する町民の様子。

 

リハーサル大会

2015年9月にはそれぞれの競技でリハーサル大会を開催しますので、町民総参加でもてなし、心に残る大会をめざしましょう!!

→ リハーサル大会の詳細についてはコチラをクリックしてご覧ください。

ご当地バージョンマスコットキャラクター

各市町村向けにご当地バージョンのマスコットキャラクターが作られました。
岩手町では、『たまなぼうや』、『ブルベリーナ』、『そばっち』が仲良く手をつないだデザインです。
3人そろって仲良く、希望郷いわて国体を盛り上げ、岩手町を発信をしていきます。

岩手町のマスコットキャラクター

岩手町のマスコットキャラクター