bn_h26kougyo

経済産業省は、平成26年工業統計調査を平成26年12月31日現在で実施します。本調査は、統計法(平成19年法律第53号)に基づき、我が国の製造業の事業所を対象として調査する基幹統計調査です。調査の対象となる事業所には、調査員証を携行した調査員が訪問し、調査票の記入を依頼させていただきます。ご理解とご協力をお願いします。

平成26年工業統計調査について

調査目的

  • 事業所数、従業者数、製造品出荷額、原材料使用額などについて調査し、我が国の製造業の実態を明らかにすることを目的とします。

調査期日

  • 平成26年12月31日現在で実施します。

調査対象

  • 製造業(日本標準産業分類・大分類E-製造業)に属する事業所を対象とします。

調査方法

  • 岩手県知事の任命を受け調査員証を携行した工業統計調査員が、製造業に属する事業所を訪問し、従業者数が4人以上の事業所に対して調査票を配布し回収します。
  • 従業者数が3人以下の事業所へは、従業者数等の聞き取り調査を行います。
  • 一部事業所に対しては、経済産業省が郵送により調査票を配布し回収する方法で実施します。

守秘義務

  • 統計調査員及び統計に従事する職員には、調査によって知り得た内容を他に漏らしてはならないという守秘義務が課せられます。
  • 提出いただいた調査票は外部の目にふれないように厳重に管理し、集計が完了したあと、溶解処分します。
  • 調査票に記入いただいた内容は調査の目的以外(税の資料などに)使用することはありません。

リンク