平成23年3月11日に発生した東日本大震災から3年が経過しようとしております。

町では、家屋の損壊と震災との因果関係の判断が困難になってきたことから、平成26年3月31日(月)をもち、東日本大震災の「り災証明書」発行業務を終了します。ご理解の程よろしくお願いいたします。

なお、被災地では懸命な復旧活動が続けられておりますが、内陸である岩手町としても、これまでも、これからも出来る限り被災地の要請に応え、一日も早い復旧復興のために支援して参ります。