セアカゴケグモ画像

セアカゴケグモ

6月24日に盛岡市内でセアカゴケグモが発見されました。

セアカゴケグモは本来、日本にはいるはずのない生物ですが、輸入木材などにくっついて日本へ入り、生息域を広げ、現在では日本の各地で発見されるようになりました。

セアカゴケグモのメスは毒を有しているので、発見した場合の対応について以下のとおりご注意ください。

 

 セアカゴケグモの特徴

メスの体長は0.7~1センチメートル(胴体部分)。

全体に光沢のある黒色で背中に目立つ赤い帯があり、毒を有し、咬まれると激しい痛みと局所の腫れを伴う。 

 セアカゴケグモが好む場所

  1. 建物 
  2. 排水溝
  3. ブロック塀などの隙間
  4. プランターの陰
  5. ベンチの下
  6. ガードレールの支柱裏
  7. 自動販売機の裏やエアコンの室外機の隙間

 対応方法

  1. 攻撃性は少ないが、触ると咬まれることがあるので素手で触らないこと
  2. 一般的な殺虫剤で駆除するか、踏み潰すなどの物理的方法でも可能

  ※もしも咬まれた場合は速やかに医療機関へ相談してください。